近年建設数が上がってい狭小住宅|快適な空間を作るコツを伝授

工夫次第で広く

一軒家

土地の安さがメリット

一般的に戸建て住宅は、約30坪の土地に建てられていますが、土地の中にはそれだけの広さがないところもあります。特に住宅密集地には、複数の戸建て住宅に囲まれることで、小さな土地が余ってしまいがちです。こういった狭小地に建てた戸建て住宅が狭小住宅で、狭いにもかかわらずメリットが多いことから、昨今では話題となっています。具体的には、土地が狭い分、安く購入できるというメリットがあります。たとえば坪単価が30万円という地域で30坪の土地を購入すると、約1000万円もの費用がかかります。ところが15坪の狭小地なら、単純計算でその半分の費用で購入することができます。しかも狭小地は、広々とした住宅用地と比較すると売れにくいことから、相場よりも安く販売されていることも多いのです。また、土地が狭くても狭小住宅は、それをデザインや間取りにおける工夫でカバーしてあります。たとえば廊下を少なくしたり、隣の部屋との間に、壁ではなく薄い建具を設置したりといった具合です。こういった狭小住宅では、廊下や壁にスペースを割く必要がない分、各部屋が広々としています。また、ロフトやバルコニーが設置されている狭小住宅にも人気があります。設置すれば、それだけ収納スペースや、のんびりとくつろぐスペースを広げることができるのです。このように狭小住宅は、十分な広さがあることが多く、それでいて安く購入できるので人気があるのです。広い分、建物部分の価格は一般的な戸建て住宅と同等か、やや高めになります。しかし土地が安いことから、トータルで2000万円以下となることも少なくないのです。