近年建設数が上がってい狭小住宅|快適な空間を作るコツを伝授

狭い土地に住宅を建てる

家

住宅建築のポイント

狭い土地だからと言って住み心地のいい住宅が建てられないわけではありません。工夫次第で十分に住み心地のいい住宅にすることはできます。狭い土地に建築する狭小住宅の場合には、ノウハウが必要になりますので、ハウスメーカーを選ぶ場合には注意しなければなりません。狭小住宅を設計することはできても、実際に生活してみないと住み心地がわからないからです。施工実績の多いハウスメーカーであれば、ノウハウの蓄積もできていますので、実際に成果るすることを前提とした間取りを提案することができます。狭小住宅を建築する場合に特に心がけておかなければならないのが、耐震性と屋内動線です。狭小住宅の場合には、狭い土地を有効活用するため、高層階の住宅になるのが一般的です。建て面積が狭いうえに高層階の建物になると、不安定になりますので、しっかりとした耐震構造にする必要があります。そのため、設計の段階から耐震性の高いものを選ぶことが必要です。また、3階以上の建物の場合には、上下の移動がスムーズにできる構造にしておかなければなりません。屋内にエレベーターを設置したり、場合によっては屋外の階段を設置するなど、上下の移動に注意する必要があります。通常の住宅であっても一部屋当たりの面積は8畳程度ですので、狭小住宅であっても上手に上下の動線をつなげることができれば、住み心地のいい空間を作り出すことができます。ハウスメーカーのノウハウ次第ですので、業者選びが重要になります。