近年建設数が上がってい狭小住宅|快適な空間を作るコツを伝授

家

狭い家を広く見せる

狭小住宅は、土地の坪数が少ないため、通常よりも土地を安く購入することが可能です。狭小住宅を建てる際に重要なのは、スムーズな動線を考えて作られた間取りと、収納スペースです。狭さを有効活用することで、狭小住宅でも素敵な家を建てることが可能になります。

家

狭い土地に住宅を建てる

土地が狭くても工夫次第で住み心地にいい住宅にすることは可能です。狭い土地に、狭小住宅を建てる場合、耐震性と動線に注意することが大切です。そのため、ノウハウをもったハウスメーカーを選ぶことが重要になります。

注意するポイント

室内

他の住宅建築との違い

東京や大阪などの中心地周辺では空き地があっても小さいケースが多いです。こうした小さな土地に建築される住宅を狭小住宅と呼びます。もちろん敷地が広くても建築された住宅が小さければ狭小住宅と呼びます。狭小住宅にはきちんとした定義があるわけではなく、建坪が数坪から十数坪程度の住宅を指すケースが多いです。狭小住宅は限られた空間を生活する人のニーズに合わせて無駄なく設計する必要があります。ですからこうした土地で建売で住宅が販売されるケースは稀です。となると注文住宅で建築することになりますが、特殊な建築なのでこうした住宅を専門に扱っている建築会社で建ててもらう必要があります。もちろん大手ハウスメーカーなど注文住宅が建築できる建築会社でも契約し、建築することは可能です。しかしこうしたハウスメーカーなどは建築に関する法律以外に会社独自に規則やルールを設けています。こうしたルールによりどうしても無駄な空間が生まれやすいのです。設計士事務所でも普段こうした住宅を扱っていない事務所ではやはりノウハウが少ないことが多いです。過去の実績や口コミなどを参考にどういった住宅を建築しているのかを理解し狭小住宅に向いている事務所かを判断する必要があります。狭小住宅は通常の住宅建築よりもより複雑な建築方法となります。それ故に特別な知識や経験を必要とします。経験の浅い業者に依頼すると工事中に追加の費用が発生してしまうケースもあります。そうならないためにも事前にしっかりと打ち合わせをしたり、建築会社の実績を確認するなど契約する前に建築会社を見極める必要があります。

一軒家

工夫次第で広く

狭小住宅は、狭小地に建てられているにもかかわらず、屋内が広々としています。これは、廊下を少なくしたりロフトを設置したりといった具合で、十分な広さができるよう工夫されているからです。それでいて狭小地は一般的に安く販売されているので、狭小住宅は2000万円以下の予算でも購入可能となっています。